春景望郷

"懐かしい"をつくるー

春景望郷

"懐かしい"をつくるー
深縹(こきはなだ)の静かな世界に、こんなにも温かさを感じるのはなぜだろう。
「ひとの暮らしの温かさ」をテーマに描く風景画家"ぽち"の圧倒的な世界観。
そんなぽちが「日本の地域観光に繋がる原風景の良さ」をテーマに、1枚の作品を描き上げる。
14時間強に及ぶ本メイキングでは、そんな世界観が作られる拘りの数々を取り上げ、思考と技巧の両面を掘り下げていく。